ピンバー


MT4 EAダウンロードjpでは、優秀なEA、スキャルピングEA、仮想通貨用EAなどMT4の自動売買プログラム(EA)を無制限かつ無料でダウンロードできます。ダウンロードリンクは下記より

MT4-EAダウンロード: b2269_with_passcode.ex4

MT4 EA


MT4EAダウンロードjpでは、高品質かつ効果的な自動売買システム(EA)を提供しています。多数のEAを無料でダウンロードできます。

また、多くのEAは、さまざまな通貨ペアに対応しています。無料EAを使用して、よりスマートなトレードを始めましょう。

 

MT4EAダウンロードjpのEAは、一般的なテクニカル指標をはじめ、複雑なアルゴリズムを使用したものまで幅広いバリエーションがあります。初心者の方でも安心して利用でき、EAの種類も多く、自分に合ったEAを見つけることができます。

 

注意事項

・すべてのEAは無料でご利用できます。

・バックテストに制限はありません。

・バックテスト結果の画像は成績を保証するものではありません。

・予約注文を指定するEAの場合、ストップレベル(最小指値幅)が広い一部の業者では稼働しない可能性があります。

・業者のサーバータイムゾーンによってEAの稼働結果が変わることがあります。

・ライブ口座で稼働させる前にバックテストやデモ口座などで十分に検証してください。

・予告なくEAの掲載を終了することがあります。

・まれに制限がかかっていないEAがありますが、その場合はそのまま利用していただいて結構です。

・ライブ口座でこのEAを使用したことによる損失については当サイトは責任を負いません。

・一部の業者ではスキャルピングや両建てや頻繁なオーダーの修正が禁止されている場合があります。

・ソースコードをご希望の場合は商品ページURLとご予算を添えてお問い合わせください。

・MT4はすでにメタクォーツ社の新規提供が終了しています。より性能の高いEAはMT5版をお求めください。

本サイトは、日本居住者にFX取引を勧誘することを意図したものではありません。

高リスクについての警告: 外国為替取引はすべての投資家に適しているわけではない高水準のリスクを伴います。
レバレッジは一層大きなリスクと損失の可能性を生み出します。外国為替取引を決定する前に、投資目的、経験の程度およびリスクの許容範囲を慎重に考慮してください。
当初投資の一部または全部を失うことがあります。したがって損失に耐えられない資金投資をしてはなりません。外国為替取引に関連するリスクを検討し、疑義があるときは中立的な財務または税務アドバイザーに助言を求めてください。

またサイトに掲載中のシステムは稼働を100%保証するものではありません。ご利用に際しては十分な確認、検証を行うものとし、システムの利用によって発生した損害、損失は免責とさせていただきます。

Originally posted 2019-08-26 15:36:16.

MT4 EA


無料MT4-EAパスワード申請

下記リンクより口座開設を行い、申請フォームより送信を行うとMT4-EAパスワードが発行されます。

FX会社リンク一覧

(口座開設は10分程度で完了します。EAのバックテストのみであれば投資金の入金の必要はありません。)

 

期間限定キャンペーン中:先着100アカウントまで無条件でパスワード発行中!

 

申請フォームはこちら

Originally posted 2019-08-26 15:36:16.

FX口座凍結の理由について

FX口座が凍結される理由には、以下のようなものがあります。

  1. 不正な取引行為
  • マーケットメイキング
  • スキャルピング
  • アービトラージなどの高速トレーディング
  • ニューストレードなどの大量取引
  1. 法令違反
  • 未成年者のFX取引
  1. 不正アクセス・ハッキング行為
  • アカウントの不正ログイン
  • システムの不正操作
  1. 口座状況に関する不備
  • 資金不足による決済不能
  • 必要書類の不備による本人確認のできないアカウント
  1. 詐欺・マネーロンダリング対策
  • 詐欺被害者からの出金申請
  • 不自然な大量の送金・受取りがあった場合

FX口座の凍結は、取引停止や出金停止などの影響があります。そのため、取引を行う際には、利用規約や法令を遵守し、正当な方法で取引を行うことが重要です。また、自分自身が行った取引以外に不正なトレードが行われていないか、セキュリティ対策をしっかりと行うことも大切です。

 

FX会社が出金を拒否する理由には、以下のようなものがあります。

  1. 取引ルールに違反している場合
  • スプレッドの利用や裁定取引、オーダーの逆指値等、FX会社が禁止する取引方法を使用した場合
  • ボーナスキャンペーンやキャッシュバックなどのキャンペーンを利用して利益を上げた場合
  1. 出金先が本人名義と異なる場合
  • 別の人物の銀行口座に出金しようとした場合
  • 本人名義以外のクレジットカードや電子マネーなどに出金しようとした場合
  1. 本人確認書類の提出が不備な場合
  • 顔写真が不鮮明、書類の期限が切れている、不正改竄があった、提出書類の種類が不正確などの場合
  1. 取引が不正であると判断された場合
  • レート操作、オーダー操作、複数口座の使用、不正な利益の引き出し等が行われた場合
  1. 法的な問題がある場合
  • 非合法的な活動のための利益の洗浄、テロリストや犯罪組織への資金提供等が疑われる場合

FX会社が出金を拒否する場合、その理由を明確に説明してくれる場合が多いです。出金拒否された場合は、FX会社に問い合わせをし、問題解決に向けた対応を行うことが大切です。また、出金に関するルールや条件を事前に確認しておくことが重要です。

 

FXのアービトラージとは、異なる市場や取引所において、同じ通貨ペアを同時に売買して、価格差から利益を得る取引手法を指します。

たとえば、米ドル/円のレートが1ドル=100円とすると、日本の銀行で1ドルを100円で購入し、米国の銀行で1ドルを105円で売却すると、5円の差額が利益となります。

しかし、実際には、FX市場は高速かつ大量の取引が行われるため、市場参加者は常に価格変動を監視し、価格差が発生した瞬間にすぐに売買する必要があります。また、アービトラージを行うためには高度なテクニカルスキルやリスク管理の能力が必要であり、トレードに多大な労力を要することもあります。

また、FX市場はオンラインで行われるため、世界中の取引参加者が同じ価格情報を共有するため、価格差が生じにくくなっています。そのため、FXのアービトラージは、他の市場に比べて難易度が高く、大きな利益を得るためには高度なスキルと情報収集力が必要です。

さらに、アービトラージは、一般的には瞬間的な利益を追求するための手法であり、リスク管理やトレードプランの徹底が欠かせません。また、FX市場にはスプレッドや手数料などのコストがかかるため、アービトラージを行う際には、それらのコストを十分に考慮する必要があります。

総じて言えることは、FXのアービトラージは、高度なテクニカルスキルやリスク管理能力が必要であり、市場参加者が即座に価格変動を追跡し、迅速かつ正確に取引を行う必要があります。また、市場環境の変化やリスクの発生に備えるため、適切なトレードプランやリスクマネジメント戦略を構築することが重要です。

 

FXで両建てが禁止されている主な理由は、リスク管理上の問題です。

両建てとは、同じ通貨ペアで同時に買いポジションと売りポジションを持つことを指します。たとえば、1ドルを1円で買い、同時に1ドルを2円で売るというトレードです。このように両建てを行うと、通貨ペアの価格が上昇しても下落しても、どちらかのポジションで利益が出るため、リスクを軽減することができます。

しかし、FX市場は通常、レバレッジをかけた取引が可能であり、小額の証拠金で大きな取引を行うことができます。そのため、両建てを行うと、大きな損失を被る可能性があります。たとえば、上記の例で、1ドルを1円で買い、1ドルを2円で売った場合、市場価格が1.5円になった場合、2つのポジションともに損失を被ることになります。

また、両建てを行うことで、証拠金の利用効率が低下し、取引が制限される可能性があります。たとえば、両建てを行った場合、1つのポジションに対して必要な証拠金額が2倍になるため、証拠金不足に陥る可能性があります。

そのため、FX取引においては、両建てが禁止されています。代わりに、リスクを抑えたトレード戦略を構築することが重要です。例えば、ポートフォリオの分散化、リスク管理の徹底、トレードプランの明確化などが挙げられます。また、ロングポジションやショートポジションを使い分けることで、リスクを抑えつつ、収益を追求することもできます。

 

FX取引において、複数の口座を持つことは可能ですが、同じFX会社で複数の口座を持ち、それらを同時に利用することは、多くのFX会社で禁止されています。

複数口座の使用が禁止されている理由としては、以下のようなものがあります。

  1. 不正な取引が行われる可能性がある 複数口座を利用することで、スプレッドやスワップポイントの差を利用して裁定取引を行ったり、不正なトレードを行うことができます。
  2. 規約違反となる可能性がある FX会社の規約には、複数口座の利用が禁止されている場合があります。規約違反になることで、アカウント凍結や出金拒否などの処罰を受けることがあります。
  3. 業者側のシステムに負荷がかかる 複数口座を同時に利用することで、業者側のシステムに負荷がかかることがあり、取引のスムーズな進行が妨げられることがあります。

FX会社は、複数口座の利用を禁止することで、不正取引や規約違反を防止するための措置をとっています。

 

FXのニューストレードとは、重要な経済指標や発表などのニュースに基づいて、市場の変動を予測し、トレードを行うことを指します。一般的に、重要なニュースが発表された場合、市場は急激な変動を見せることがあります。そのため、ニューストレードは、短期間で大きな利益を得ることができる可能性がありますが、同時にリスクも高いとされています。

ニューストレードの基本的な手法としては、以下のようなものがあります。

  1. 前倒しトレード 重要なニュースが発表される前に、市場がどのように反応するかを予測し、それに基づいてトレードを行う手法です。たとえば、雇用統計などの重要な指標が発表される前に、市場の反応を予測し、事前にポジションを取ることがあります。
  2. 即時トレード 重要なニュースが発表された直後に、市場がどのように反応するかを予測し、それに基づいてトレードを行う手法です。たとえば、FOMC声明などの発表があった場合、直後に市場がどのように反応するかを予測し、それに基づいてポジションを取ることがあります。
  3. バックトレード 過去の重要なニュースの発表時に、市場がどのように反応したかを分析し、それに基づいてトレードを行う手法です。たとえば、過去の雇用統計の発表時に、市場がどのように反応したかを分析し、それに基づいてトレードを行うことがあります。

ニューストレードにおいては、速報性の高いニュースを追跡し、市場の反応を正確に予測することが重要です。また、リスク管理も重要であり、ストップロスやリスクリワード比率を考慮したトレードを行うことが必要です。

Originally posted 2019-08-26 15:36:16.

Originally posted 2019-08-26 15:36:16.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA