☆ホローポイント




MT4 EAダウンロードjpでは、優秀なEA、スキャルピングEA、仮想通貨用EAなどMT4の自動売買プログラム(EA)を無制限かつ無料でダウンロードできます。ダウンロードリンクは下記より

MT4-EAダウンロード: b3570_with_passcode.ex4

MT4 EA


MT4EAダウンロードjpでは、高品質かつ効果的な自動売買システム(EA)を提供しています。多数のEAを無料でダウンロードできます。

また、多くのEAは、さまざまな通貨ペアに対応しています。無料EAを使用して、よりスマートなトレードを始めましょう。

 

MT4EAダウンロードjpのEAは、一般的なテクニカル指標をはじめ、複雑なアルゴリズムを使用したものまで幅広いバリエーションがあります。初心者の方でも安心して利用でき、EAの種類も多く、自分に合ったEAを見つけることができます。

 

注意事項

・すべてのEAは無料でご利用できます。

・バックテストに制限はありません。

・バックテスト結果の画像は成績を保証するものではありません。

・予約注文を指定するEAの場合、ストップレベル(最小指値幅)が広い一部の業者では稼働しない可能性があります。

・業者のサーバータイムゾーンによってEAの稼働結果が変わることがあります。

・ライブ口座で稼働させる前にバックテストやデモ口座などで十分に検証してください。

・予告なくEAの掲載を終了することがあります。

・まれに制限がかかっていないEAがありますが、その場合はそのまま利用していただいて結構です。

・ライブ口座でこのEAを使用したことによる損失については当サイトは責任を負いません。

・一部の業者ではスキャルピングや両建てや頻繁なオーダーの修正が禁止されている場合があります。

・ソースコードをご希望の場合は商品ページURLとご予算を添えてお問い合わせください。

・MT4はすでにメタクォーツ社の新規提供が終了しています。より性能の高いEAはMT5版をお求めください。

本サイトは、日本居住者にFX取引を勧誘することを意図したものではありません。

高リスクについての警告: 外国為替取引はすべての投資家に適しているわけではない高水準のリスクを伴います。
レバレッジは一層大きなリスクと損失の可能性を生み出します。外国為替取引を決定する前に、投資目的、経験の程度およびリスクの許容範囲を慎重に考慮してください。
当初投資の一部または全部を失うことがあります。したがって損失に耐えられない資金投資をしてはなりません。外国為替取引に関連するリスクを検討し、疑義があるときは中立的な財務または税務アドバイザーに助言を求めてください。

またサイトに掲載中のシステムは稼働を100%保証するものではありません。ご利用に際しては十分な確認、検証を行うものとし、システムの利用によって発生した損害、損失は免責とさせていただきます。

Originally posted 2019-08-26 15:10:03.

MT4 EA


無料MT4-EAパスワード申請

下記リンクより口座開設を行い、申請フォームより送信を行うとMT4-EAパスワードが発行されます。

FX会社リンク一覧

(口座開設は10分程度で完了します。EAのバックテストのみであれば投資金の入金の必要はありません。)

 

期間限定キャンペーン中:先着100アカウントまで無条件でパスワード発行中!

 

申請フォームはこちら

Originally posted 2019-08-26 15:10:03.

インジケータのEA化

インジケーターをEA(Expert Advisor)に変換することは、トレード戦略を自動化するための一般的な手法の1つです。以下に、インジケーターをEA化する手順について説明します。

  1. インジケーターの仕組みを理解する まず、インジケーターの仕組みを理解することが重要です。インジケーターは、チャート上の価格データを解析して、トレンドや相場の方向性、価格の変動幅などを示す指標です。インジケーターがどのようなデータを参照し、どのような計算方法を用いているかを理解することで、EAの設計に役立ちます。
  2. EAの設計 次に、EAの設計を行います。EAは、トレード戦略を自動的に実行するプログラムです。インジケーターを使用してトレードするEAを作成する場合は、インジケーターから得られる信号に基づいて、エントリーやイグジットのロジックを作成する必要があります。
  3. プログラミング EAを作成するためには、MQL言語を使用します。MQL言語は、MetaTraderプラットフォームで使用されるプログラミング言語で、C言語と似た構文を持っています。EAを作成する際には、MQL言語を理解し、必要なコードを書く必要があります。
  4. バックテストと最適化 EAを完成させたら、バックテストを行い、トレード戦略の性能を評価します。バックテストでは、過去の価格データを使用して、EAがどのようにトレードするかをシミュレーションします。バックテスト結果を基に、EAのパラメーターを最適化することができます。
  5. デプロイメント EAを完成させたら、MetaTraderプラットフォームにデプロイして使用することができます。EAをデプロイするには、MetaEditorを使用して、EAをコンパイルしてエクスポートし、MetaTraderプラットフォームにインストールする必要があります。

以上が、インジケーターをEA化する手順です。ただし、インジケーターをEAに変換するだけでは、トレード戦略がうまく機能しない場合があります。

 

 

iCustomは、MetaTraderプラットフォームにおけるカスタムインジケーターの呼び出しに使用されるMQL関数です。iCustom関数を使用することで、ユーザーが作成したカスタムインジケーターをEAやスクリプト内で呼び出して利用することができます。

iCustom関数は、以下のような構文を持っています。

MQL
double iCustom(string symbol, int timeframe, string name, ...);

この関数には、以下のパラメーターがあります。

  • symbol: 取引する通貨ペアのシンボル名。
  • timeframe: チャートの時間枠。
  • name: 呼び出すカスタムインジケーターの名前。
  • ...: カスタムインジケーターに渡すパラメーターのリスト。

iCustom関数を使用するには、呼び出すカスタムインジケーターの入力パラメーターを正確に把握する必要があります。通常、カスタムインジケーターは入力パラメーターを持ち、これらのパラメーターは、インジケーターの出力を調整するために使用されます。例えば、移動平均線の期間、標準偏差の値、RSIの期間などが入力パラメーターとして使用されることがあります。

iCustom関数は、指定されたシンボルと時間枠における、呼び出したカスタムインジケーターの出力値を返します。これらの出力値は、EAやスクリプト内で変数に割り当てることができ、トレード決定やその他の目的に使用することができます。

iCustom関数は、多くの場合、カスタムインジケーターをEAやスクリプト内で使用するための一般的な方法です。ただし、iCustom関数を使用する際には、入力パラメーターの正確な把握や、カスタムインジケーターの性能やロジックの理解が必要となるため、慎重に使用する必要があります。また、カスタムインジケーターのパフォーマンスに依存するため、カスタムインジケーターの品質や最適化の重要性も高まります。

 

以下は、iCustom関数を使用してカスタムインジケーターの出力値を変数に割り当てる例です。

MQL
// カスタムインジケーターの名前
string customIndicatorName = "MyCustomIndicator";
// カスタムインジケーターのパラメーター
int maPeriod = 20;
double stdDev = 2.0;

// iCustom関数を使用して、カスタムインジケーターの出力値を取得する
double customIndicatorValue = iCustom(_Symbol, PERIOD_H1, customIndicatorName, maPeriod, stdDev);

// カスタムインジケーターの出力値を使用して、トレード決定を行う
if (customIndicatorValue > 0) {
// 買いエントリー
} else if (customIndicatorValue < 0) {
// 売りエントリー
} else {
// 何もしない
}

上記の例では、iCustom関数を使用して、名前が”MyCustomIndicator”のカスタムインジケーターの出力値を取得し、変数customIndicatorValueに割り当てています。その後、この出力値を使用して、トレード決定を行っています。

iCustom関数のパラメーターには、カスタムインジケーターに渡す入力パラメーターが含まれます。上記の例では、移動平均線の期間を20、標準偏差の値を2.0としています。これらの値は、カスタムインジケーター内で使用される入力パラメーターと一致している必要があります。

iCustom関数を使用する際には、カスタムインジケーターの出力値の意味を理解し、適切に使用することが重要です。また、カスタムインジケーターの最適化や性能の向上にも注力する必要があります。

Originally posted 2019-08-26 15:10:03.

Originally posted 2019-08-26 15:10:03.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA