ティアマト

MT4 EAダウンロードjpでは、優秀なEA、スキャルピングEA、仮想通貨用EAなどMT4の自動売買プログラム(EA)を無制限かつ無料でダウンロードできます。ダウンロードリンクは下記より

MT4-EAダウンロード: a0001_with_passcode.ex4

MT4 EA


MT4EAダウンロードjpでは、高品質かつ効果的な自動売買システム(EA)を提供しています。多数のEAを無料でダウンロードできます。

また、多くのEAは、さまざまな通貨ペアに対応しています。無料EAを使用して、よりスマートなトレードを始めましょう。

 

MT4EAダウンロードjpのEAは、一般的なテクニカル指標をはじめ、複雑なアルゴリズムを使用したものまで幅広いバリエーションがあります。初心者の方でも安心して利用でき、EAの種類も多く、自分に合ったEAを見つけることができます。

 

注意事項

・すべてのEAは無料でご利用できます。

・バックテストに制限はありません。

・バックテスト結果の画像は成績を保証するものではありません。

・予約注文を指定するEAの場合、ストップレベル(最小指値幅)が広い一部の業者では稼働しない可能性があります。

・業者のサーバータイムゾーンによってEAの稼働結果が変わることがあります。

・ライブ口座で稼働させる前にバックテストやデモ口座などで十分に検証してください。

・予告なくEAの掲載を終了することがあります。

・まれに制限がかかっていないEAがありますが、その場合はそのまま利用していただいて結構です。

・ライブ口座でこのEAを使用したことによる損失については当サイトは責任を負いません。

・一部の業者ではスキャルピングや両建てや頻繁なオーダーの修正が禁止されている場合があります。

・ソースコードをご希望の場合は商品ページURLとご予算を添えてお問い合わせください。

・MT4はすでにメタクォーツ社の新規提供が終了しています。より性能の高いEAはMT5版をお求めください。

本サイトは、日本居住者にFX取引を勧誘することを意図したものではありません。

高リスクについての警告: 外国為替取引はすべての投資家に適しているわけではない高水準のリスクを伴います。
レバレッジは一層大きなリスクと損失の可能性を生み出します。外国為替取引を決定する前に、投資目的、経験の程度およびリスクの許容範囲を慎重に考慮してください。
当初投資の一部または全部を失うことがあります。したがって損失に耐えられない資金投資をしてはなりません。外国為替取引に関連するリスクを検討し、疑義があるときは中立的な財務または税務アドバイザーに助言を求めてください。

またサイトに掲載中のシステムは稼働を100%保証するものではありません。ご利用に際しては十分な確認、検証を行うものとし、システムの利用によって発生した損害、損失は免責とさせていただきます。

Originally posted 2019-09-07 15:55:13.

MT4 EA


無料MT4-EAパスワード申請

下記リンクより口座開設を行い、申請フォームより送信を行うとMT4-EAパスワードが発行されます。

FX会社リンク一覧

(口座開設は10分程度で完了します。EAのバックテストのみであれば投資金の入金の必要はありません。)

 

期間限定キャンペーン中:先着100アカウントまで無条件でパスワード発行中!

 

申請フォームはこちら

Originally posted 2019-09-07 15:55:13.

相関のある通貨ペアについて

外国為替市場において、ある通貨ペアの価格変動が別の通貨ペアの価格変動に影響を与えることを「相関」といいます。相関のある通貨ペアには以下のようなものがあります。

  1. EUR/USDとGBP/USD:EUR/USDとGBP/USDは、両通貨がUSDに対して逆相関を示すため、価格変動に強い相関性があります。つまり、EUR/USDが上昇する場合、GBP/USDは下落する傾向にあります。EUR/USDとGBP/USDは、外国為替市場において非常に注目される通貨ペアです。これら2つの通貨ペアは、両通貨がUSDに対して逆相関を示すため、価格変動に強い相関性があります。逆相関とは、2つの通貨が価格変動の方向が逆になる傾向を示すことを指します。つまり、EUR/USDが上昇する場合、GBP/USDは下落する傾向があります。同様に、EUR/USDが下落する場合、GBP/USDは上昇する傾向があります。

    このような相関性は、2つの通貨が似たような経済状況にあるためです。ヨーロッパ連合(EU)と英国は両方ともGDPが高く、貿易や金融サービスの分野で重要な役割を果たしています。したがって、両国の経済指標や政治的な出来事は、それぞれの通貨の価格に影響を与える可能性があります。

    また、これら2つの通貨ペアの価格変動には、米国の経済状況や金利政策も大きな影響を与えます。米国が好調な経済成長を示し、利上げの方向に動く場合、USDが強くなるため、EUR/USDとGBP/USDの価格は下落する傾向があります。

    投資家は、これら2つの通貨ペアの相関性を考慮して、両方の通貨ペアをポートフォリオに組み入れたり、1つの通貨ペアだけを取引したりすることができます。ただし、相関は常に100%の正確性があるわけではないため、リスク管理のためには注意が必要です。

  2. USD/JPYと米国株式市場:USD/JPYと米国株式市場の主要指標であるダウ・ジョーンズ工業株価平均(Dow Jones Industrial Average)やS&P500指数などの相関は、しばしば観察されています。一般的に、USD/JPYと米国株式市場の指標は、正の相関関係にあります。つまり、米国株式市場が上昇すると、USD/JPYの相場も上昇する傾向があります。その逆もまた成り立ち、米国株式市場が下落すると、USD/JPYの相場も下落する傾向があります。この相関は、米国経済がグローバル経済の中でも重要な位置を占めているため、米国株式市場が上昇すれば、米国経済の成長が期待され、投資家がアメリカドルを買う傾向が高まることが一因です。また、米国企業の収益が上昇すると、米国株式市場の指数が上昇し、米国株式市場が強くなることで、ドルと円の取引においてドルが強くなることが多いため、USD/JPYの相場も上昇することがあります。

    このように、USD/JPYと米国株式市場の指標の相関は、米国経済の状況や投資家の心理など多くの要因に影響されます。トレーダーがUSD/JPYを取引する際には、米国株式市場の動向を注意深く監視し、相場の変動について理解することが重要です。また、USD/JPYと米国株式市場の指標の相関関係が常に存在するとは限らず、投資家が市場の状況を変化させる可能性もあるため、十分な分析とリスク管理が必要です。

    USD/JPYと米国株式市場の価格変動には正の相関があります。米国株式市場が上昇する場合、投資家はリスクを取る傾向があり、それに伴い、円安ドル高の方向に動くUSD/JPYの価格も上昇することが多いです。

  3. AUD/USDとNZD/USD:AUD/USDとNZD/USDは、オーストラリアドルとニュージーランドドルの対米ドル通貨ペアです。これら2つの通貨ペアは、両国の地理的位置の近さや、両国が共通の自由貿易協定に加入していることから、比較的強い相関性があります。一般的に、AUD/USDとNZD/USDの価格変動は、多くの場合同じ方向に動きます。つまり、AUD/USDが上昇する場合、NZD/USDも上昇する傾向があります。同様に、AUD/USDが下落する場合、NZD/USDも下落する傾向があります。

    このような相関性は、オーストラリアとニュージーランドが地理的・経済的に密接に結びついており、両国が共通して出荷国であることから生じます。また、オーストラリアとニュージーランドは両国とも農業、鉱業、観光などの分野で似たような経済構造を持っています。これにより、両国の経済指標には類似性があり、同じような影響を与えることがあります。

    ただし、両通貨の価格変動には微妙な違いもあります。例えば、オーストラリアは中国やアジア諸国との貿易に依存しており、中国の経済指標がAUD/USDに影響を与える場合があります。一方、ニュージーランドは主にオーストラリアとの貿易に依存しており、オーストラリアの経済指標がNZD/USDに影響を与えることがあります。

    投資家は、これら2つの通貨ペアの相関性を利用して、両方の通貨ペアを同時に取引したり、一方の通貨ペアの価格変動をもう一方の通貨ペアに応用することができます。

    AUD/USDとNZD/USDは、両通貨が資源輸出国であることから、価格変動に強い相関性があります。例えば、金価格が上昇すると、オーストラリアとニュージーランドの両国はそれを輸出するため、AUD/USDとNZD/USDの価格も上昇する傾向があります。

  4. USD/CADと原油価格:USD/CADと原油価格は、相関が非常に強い関係にあります。USD/CADは、アメリカドルとカナダドルの通貨ペアであり、カナダは原油輸出国として知られています。そのため、原油価格の変動はカナダ経済に大きな影響を与えることがあります。そして、カナダ経済の健全性はUSD/CADの相場に影響を与えます。カナダは、世界最大の原油生産国の1つであり、原油価格の変動はカナダ経済に大きな影響を与えます。原油価格が上昇すると、カナダの原油輸出が増え、カナダ経済は拡大する傾向があります。これにより、カナダドルが強くなり、USD/CADの相場は下落します。

    逆に、原油価格が下落すると、カナダの原油輸出は減少し、カナダ経済は縮小する傾向があります。そのため、カナダドルは弱くなり、USD/CADの相場は上昇する傾向があります。

    このように、USD/CADと原油価格は、逆相関関係にあります。原油価格が上昇すると、USD/CADの相場は下落する傾向があります。逆に、原油価格が下落すると、USD/CADの相場は上昇する傾向があります。

    原油価格がUSD/CADの相場に大きな影響を与えるため、トレーダーは原油価格の動向を注意深く監視し、USD/CADのトレードを行う際には、原油価格の変動を考慮することが重要です。

    USD/CADと原油価格には逆相関があります。カナダは原油輸出国であり、原油価格の上昇によってカナダドルの需要が増加し、USD/CADの価格が下落する傾向があります。

  5. EUR/USDとUSD/CHF:EUR/USDとUSD/CHFは、相反する通貨ペアであり、逆相関があるとされています。つまり、一方が上昇すると、もう一方は下落する傾向があります。この相関性は、USD/CHFがスイスフランと米ドルの通貨ペアであり、スイスフランは世界的な安全資産であること、そしてEUR/USDがユーロと米ドルの通貨ペアであることから生じています。

    スイスフランは、スイスの政治的・経済的安定性や、スイス銀行が発行する国債の信用力の高さから、多くの投資家にとっての避難資産とされています。一方、ユーロはヨーロッパの経済指標に影響を受けることが多く、経済不安が高まるとEUR/USDは下落する傾向があります。

    このような背景から、両通貨ペアの価格変動には逆相関が生じることがあります。つまり、EUR/USDが上昇する場合、USD/CHFは下落する傾向があります。逆に、EUR/USDが下落する場合、USD/CHFは上昇する傾向があります。

    この相関性を利用して、投資家は両方の通貨ペアを同時に取引することができます。例えば、EUR/USDでロングポジションを取る一方で、USD/CHFでショートポジションを取ることで、両方の通貨ペアの価格変動に対してカバーすることができます。

    EUR/USDとUSD/CHFは、USDを共通通貨として持つため、価格変動には逆相関があります。つまり、EUR/USDが上昇する場合、USD/CHFは下落する傾向があります。

以上のように、相関がある通貨ペアは投資家にとって注目すべきポイントの一つであり、相関を考慮してポートフォリオを構築することが重要です。

Originally posted 2019-09-07 15:55:13.

Originally posted 2019-09-07 15:55:13.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA